成年年齢の引き下げによるNAUIコース・プログラム申込時の親権者の署名について

成年年齢を18歳に引き下げることを内容とする「民法の一部を改正する法律」が、2022年4月1日から施行されました。

2022年4月1日の時点で、18歳以上20歳未満の方(2002年4月2日生まれから2004年4月1日生まれまでの方)は、その日に成年に達することになります。2004年4月2日生まれ以降の方は、18歳の誕生日に成年に達することになります。

成年年齢の引き下げによって、18歳、19歳の方は、親権者の同意を得ずに、様々な契約をすることができるようになります。
これに伴い、2022年4月1日以降、全てのNAUIコース・プログラムにおいて18歳以上の方が申し込む場合、学生や就労の有無を問わず、親権者の署名(インストラクションレコード、確認書、スノーケリングガイド、トライスクーバ(体験ダイビング)ガイドなど全ての書式)は不要となります。

※成年年齢を18歳に引き下げた場合、18歳、19歳の方は、未成年者取消権を行使することができなくなるため、悪徳商法などによる消費者被害の拡大が懸念されています。そのため政府としては、小・中・高等学校等における消費者教育の充実や、若者に多い消費者被害を救済するための消費者契約法の改正、全国共通の3桁の電話番号である消費者ホットライン188の周知や相談窓口の充実など、様々な環境整備の施策に取り組んでいます。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です